メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

4野党共闘白紙、共産と社民は協力

衆議院が解散し、万歳する議員たち=国会内で2017年9月28日午後0時4分、川田雅浩撮影

 共産党の志位和夫委員長は28日、国会内で開いた党会合で、衆院選での希望の党への対応について「民進党の候補者が希望の党の公認候補となった場合には、原則として候補者を擁立して戦うのは当然だ」と述べ、対立候補を擁立する考えを示した。

 民進、共産、自由、社民の野党4党の候補一本化は白紙化した形だ。そのうえで「共産党と社民党は多くの選挙区で一本化を図ることで合意した」と述べ、共産、社民両党は小選挙区で候補者調整を行うと明らかにした。

 社民党の又市征治幹事長は28日の記者会見で、希望の党を含めた野党候補一本化について「安倍政権を倒すことは一致できる。その限りではすみ分けは起こりうる」と述べ、含みを残した。【影山哲也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです