メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

泉田・前新潟知事「変節」を否定 原発再稼働に慎重姿勢

 新潟県知事時代は東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重な姿勢を示していたが、次期衆院選では自民党公認で新潟5区から立候補する泉田裕彦氏が29日、県内のホテルで記者会見し、「(原子力防災の問題点などは)外野からでは直らない。政権与党の中からでないと難しい」と説明し、反原発運動の市民団体などから指摘されている“変節”との見方を否定した。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです