メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治教育

小学生も公開討論に参加するドイツ総選挙

ドイツ総選挙の期間中にベルリンの民間子ども美術館で開かれた、主要7政党の候補者(奥横列)と小学生との公開討論会=2017年9月、林大介さん提供(画像の一部を加工しています)

 衆議院が解散され、10代の有権者は来月、初の総選挙を迎える。18歳への選挙権年齢の引き下げで主権者教育への関心は高まったが、生の政治を扱う授業は少ないのが実情だ。今月24日に総選挙を終えたドイツでは、選挙期間中に小学生と候補者の公開討論会が行われ、未成年者による模擬選挙の規模も大きいという。選挙戦のさなか、どんな教育をしているのか。今月1週間にわたり視察した東洋大学非常勤講師で「模擬選挙推進ネットワーク」事務局長の林大介さん(41)に話を聞いた。【中村美奈子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1853文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. ORICON NEWS 神木隆之介、福山雅治の部下に 4月期日曜劇場『集団左遷!!』追加キャスト決定
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです