メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治教育

小学生も公開討論に参加するドイツ総選挙

ドイツ総選挙の期間中にベルリンの民間子ども美術館で開かれた、主要7政党の候補者(奥横列)と小学生との公開討論会=2017年9月、林大介さん提供(画像の一部を加工しています)

 衆議院が解散され、10代の有権者は来月、初の総選挙を迎える。18歳への選挙権年齢の引き下げで主権者教育への関心は高まったが、生の政治を扱う授業は少ないのが実情だ。今月24日に総選挙を終えたドイツでは、選挙期間中に小学生と候補者の公開討論会が行われ、未成年者による模擬選挙の規模も大きいという。選挙戦のさなか、どんな教育をしているのか。今月1週間にわたり視察した東洋大学非常勤講師で「模擬選挙推進ネットワーク」事務局長の林大介さん(41)に話を聞いた。【中村美奈子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1853文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです