メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

日本維新、公約に9条改正 希望と主要政策重複

日本維新の会と希望の党の公約・主張の比較

 日本維新の会の次期衆院選マニフェスト(公約)の概要が29日判明した。国会議員の報酬・定数の3割削減や2019年10月の消費税率10%への引き上げ凍結、教育無償化を含む「現実的な憲法改正」など、主な内容は連携を進める希望の党の政策や主張と重なる。また、改憲項目として9条改正を初めて公約に盛り込んだ。30日に正式に公表する。

 マニフェストは「2017・維新八策が拓(ひら)く新しい日本」と題し、冒頭で消費増税凍結と教育無償化を提案。「新・維新八策」として、行財政改革や統治機構改革、規制改革・成長戦略や憲法改正など八つの柱を立てた。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  2. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  3. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  4. 新型コロナ 坂東玉三郎さん、濃厚接触者で休演

  5. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです