メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

民進分裂、新党模索も 希望が「排除リスト」

 希望の党側の「排除の論理」が鮮明になった結果、民進党の衆院選候補者がまとまって希望の党に合流するとしてきた前原誠司代表に対する不信感が広がり、民進党は分裂して衆院選に臨む見通しとなった。前原氏はあくまで合流を進める構えだが、民進党に残留して無所属で衆院選に出馬すると表明する前議員が続出。新党結成を模索する動きもあり、10月10日の公示が近づく中、民進党内はますます混迷を深めている。

この記事は有料記事です。

残り2510文字(全文2703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです