メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲民主党

結党会見詳報(5)「私たちは草の根に立つ」

記者会見で新党結成を発表し、質問する記者を指名する民進党の枝野幸男代表代行=東京都内のホテルで2017年10月2日、手塚耕一郎撮影

 --選挙の最大の争点は何だと考えていますか。一緒に活動する内諾を得ている人というのは、具体的には、どなたですか。

 枝野氏 後者については、申し上げない。きょう私が、一人で呼びかけをして、これから参加する人は、同じ立場で一緒に戦っていこうということで呼びかけをした。当然ながら、選挙を政党で戦う要件を満たさないとおかしな話になる。誰から内諾を得て、誰がその後から意思を表明したかをはっきりさせることは、いいことと思わないので、(話すのは)控えたい。

 争点は、政党や政治家が決める話とは思っていない。争点は有権者が決めるものだ。私は、この間の安倍政権の暴走、情報を隠蔽(いんぺい)し、政治を私物化し、それに対して開き直る。立憲主義の破壊であったり、格差の拡大による国民生活の分断という、こうした安倍政権の暴走を止める、そのことが唯一にして最大の争点だと思っている。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです