メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

小池さん、五輪は? 国政関与、関係自治体が懸念 政府関係者「むしろやりやすい」

森田健作千葉県知事(前列左)らと東京五輪パラリンピックの役割分担について意見を交わし終えた小池百合子都知事(右端)=東京都庁で2016年12月26日、梅村直承撮影

 東京都の小池百合子知事が希望の党の代表に就任し国政に挑んでいることについて、2020年東京五輪・パラリンピックの大会関係者に波紋が広がっている。都外の競技会場を抱える自治体からは「大会の準備に停滞があってはならない」との懸念が出る一方、政府関係者からは「小池氏の大会への言及が減り、むしろやりやすくなる」との声も漏れる。

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 名古屋の訪問介護ヘルパーが新型コロナ感染 利用者の感染は確認されず

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです