メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

岡田氏、初の無所属出馬 比例票行方に注目

岡田克也氏=2016年8月、藤井太郎撮影

 衆院選に向け、民進党を巡って2日も大きく事態が動いた。枝野幸男代表代行が新党「立憲民主党」を結成し、元代表の岡田克也氏は三重3区で無所属から出馬することを表明した。公示まで1週間。各陣営とも決断を迫られている。【松本宣良、尾崎稔裕、田中功一、井口慎太郎】

 岡田克也氏の陣営は2日午後、地元秘書らが支持者らへの説明に回った。秘書は支持者の反応を「希望の党への合流問題でごたごたしたことに厳しい意見は出たが、大半は『無所属でも応援する』と言ってもらえた」と話した。

 岡田氏は自民、新生、新進で各1回、民主で6回の計9回連続当選(最初の2回は中選挙区)しているが、無…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです