メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

嘉田前知事、滋賀1区から無所属で出馬表明

衆院選滋賀1区に無所属で出馬することを表明した嘉田由紀子氏=大津市のピアザ淡海で2017年10月2日、大原一城撮影

希望の党とも連携、「比例代表では希望の党を推す」

 嘉田由紀子前滋賀県知事(67)が2日、大津市で記者会見を開き、10日公示の衆院選に、滋賀1区から無所属で立候補すると表明した。嘉田氏は「議会制民主主義を破壊している安倍政治を終わらせる」などと語った。希望の党(代表・小池百合子東京都知事)とも連携し、「比例代表では希望の党を推す」としている。

 嘉田氏によると、引退する民進党の川端達夫氏から後継として出馬要請があり、先月下旬に決断。同党に入党した。希望の党公認を目指す動きもあったが、民進党の前原誠司代表から1日夜、嘉田氏が政党(日本未来の党)代表経験者であることから無所属で立候補するよう連絡があったという。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです