メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

自公、新党ブーム警戒 「希望の票、読めない」

 希望の党が3日、民進党出身者が多数含まれる1次公認を発表したことを受け、自民、公明両党は、希望の党への「野合」批判を繰り広げた。与党は、北朝鮮危機対応や少子高齢化対策などの政策課題を掲げ、発足したばかりの希望の党の準備不足を浮き彫りにしたい考えだ。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、栃木県さくら市で演説し、「選挙のために党と党がくっついて、あるいはどこに行く、そんな話ばかりで大変残念だ。新しいブームからは何も生まれない」と語り、希望の党は、選挙目当ての寄せ集め政党だとの印象づけを狙った。公明党の山口那津男代表も横浜市で「政権を取れなかったような人たちが、他党のお面をかぶって政権を取れるのか。だまされるような国民ではないでしょう」と呼びかけた。

 自民党が警戒するのは、かつて日本新党発足に関わった希望の党代表の小池百合子東京都知事がメディアを駆…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文981文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです