メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

希望 協定書、急造の踏み絵

希望の党の第1次公認候補者発表の記者会見で質問に答える(左から)民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行、希望の党の若狭勝氏、細野豪志氏=東京都千代田区の参院議員会館で2017年10月3日午後4時54分、川田雅浩撮影

ある候補者「来ていないが、1次公認を出すと…」と

 「今回発表した方は全員、政策協定にサインした方だと理解していただいて結構だ」

 希望の党が衆院選第1次公認を発表した3日、記者会見の席上で民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行はこう説明した。

 だが、ある候補者は「政策協定書なんて来ていないし、公認申請書も出していない。それでも1次公認を出すと言われた」と漏らす。民進系の候補を排除するために自前の候補擁立を急いだ選挙区もあることが透ける。

 希望の党が候補者に署名を求めた政策協定書では「憲法改正論議を幅広く進める」などの政策項目のほか「党…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1213文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです