メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

原発政策が争点 自民、重要電源に活用 希望、2030年までにゼロ 立憲、一日も早くゼロ

 希望の党が衆院選公約に「原発ゼロ」を掲げることにより、原発再稼働を進める自民党との争点となる。ただ、衆院選は(1)与党の「自民・公明」(2)保守系野党の「希望・維新」(3)中道・左派系野党の「立憲民主・共産・社民」--の3極で争う構図。野党の多くは「原発ゼロ」を主張するが、具体的な工程表を示した政党はなく、議論が深まっているとは言い難い。【野口武則】

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  3. 検証 菅氏の経済人脈、首相就任で可視化 重点政策、個別に進言

  4. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです