メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

希望から「離反」も 立憲、排除組取り込み

立憲民主党の東京選挙区への立候補予定者の記者会見前に、写真撮影に応じる長妻昭氏(手前左)、海江田万里氏(奥右端)ら出席者たち=東京都千代田区の参院議員会館で2017年10月4日、川田雅浩撮影

 希望の党(代表・小池百合子東京都知事)は4日、衆院選の第2次公認候補9人を発表し、3日に公表した第1次公認候補のうち2人の公認を取り消した。希望の党の公認候補は計199人となった。取り消された2人はいずれも民進党出身で、慌ただしい合流のひずみが表れた形だ。

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  2. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  3. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです