メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

「劇場型選挙」に乗るのか 政策や言葉の吟味、問われるメディア

衆院解散を中継するテレビのニュース=青森市の家電量販店で2017年9月28日、北山夏帆撮影

 めまぐるしく変わる衆院選情勢。小池百合子・希望の党代表(東京都知事)が次々と話題を提供し、安倍晋三首相ら与党側は風向きを見て批判をしたり、抑制したり。それを連日テレビカメラが追い回し、メディアを巻き込んだ「劇場型選挙」の様相になっている。2005年衆院選では小泉純一郎首相(当時)が「劇場」を演出し自民党を圧勝させた。その時と重なるものはあるのか。いまメディアに問われるものは何か。【青島顕】

この記事は有料記事です。

残り2446文字(全文2643文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです