メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

小池氏、あいまい戦略 首相退陣で連立も

会談後に記者の質問に答える希望の党代表の小池百合子東京都知事=東京都新宿区で2017年10月5日午後0時30分、竹内紀臣撮影

 衆院選後、安倍晋三首相を退陣に追い込めるなら、自民党との連立もあり得るのではないか--。希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は5日、自らの出馬を固辞したが、連立参加の可能性を排除しない小池氏の発言が別の臆測を呼んでいる。衆院選の敵を「自民党」ではなく「安倍政権」と規定し、選挙後の政権の枠組みについてはフリーハンドを確保しておく狙いとみられる。与党側には「石破茂氏を首相に担ぐつもりでは」などの疑心暗鬼も広がる。

この記事は有料記事です。

残り2247文字(全文2455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです