メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

小池氏、あいまい戦略 首相退陣で連立も

会談後に記者の質問に答える希望の党代表の小池百合子東京都知事=東京都新宿区で2017年10月5日午後0時30分、竹内紀臣撮影

 衆院選後、安倍晋三首相を退陣に追い込めるなら、自民党との連立もあり得るのではないか--。希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は5日、自らの出馬を固辞したが、連立参加の可能性を排除しない小池氏の発言が別の臆測を呼んでいる。衆院選の敵を「自民党」ではなく「安倍政権」と規定し、選挙後の政権の枠組みについてはフリーハンドを確保しておく狙いとみられる。与党側には「石破茂氏を首相に担ぐつもりでは」などの疑心暗鬼も広がる。

この記事は有料記事です。

残り2247文字(全文2455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「コロナ緊急対策予算」これだけの不要不急 (上)その事業、いま必要? 不要不急な政府「緊急経済対策」の実態 新型コロナ

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです