メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

内部留保に課税検討…希望の党、公約発表

 希望の党は6日、衆院選公約を正式に発表した。代表の小池百合子東京都知事が掲げている2019年10月予定の消費税率の10%への引き上げ凍結、30年までに原発ゼロを目指す方針を明記。消費増税の代替財源として、大企業が利益を蓄積した内部留保に課税を検討する方針を示した。憲法改正については「9条を含め議論を進める」とし、国民の知る権利や地方分権の明記も掲げた。

 公表されたのは9項目の公約と、党の考え方をまとめた政策集。公約は安倍政権の経済政策・アベノミクスを…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです