メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デモ

安倍政権批判で市民団体ら リベラル結集呼びかけ

 衆院選公示を今月10日に控え、安倍晋三首相のこれまでの政権運営などに反発する市民らが5日、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で集会を開いた。立憲民主党から出馬予定の菅直人元首相と共産党の山下芳生副委員長、社民党の福島瑞穂副党首が登壇して「リベラル勢力の結集」を呼び掛け、自民党だけでなく、希望の党(小池百合子代表)との対決姿勢も鮮明にした。

 菅元首相は民進党の事実上の分裂について「昨日までの仲間が、あっちに行ったりこっちに行ったりするのはさみしい」としながらも、「市民と3党が連携して安倍政権を倒すことに力を集中させよう」と呼び掛けた。山下副委員長は「市民と野党の共闘が(希望と民進の事実上合流で)後退したのは残念だし悔しいが、2年間積み重ねてきたものをつぶされてはたまらない」と強調。福島副党首は「希望の党は『第2自民党』だ。改憲阻止勢…

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです