メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

対立構図、争点で変化 消費増税、野党は凍結

自民、希望、立憲民主各党の主張

 衆院選に向けた主要政党の公約が6日にほぼ出そろった。消費増税を巡る賛否では「自民・公明」「希望の党・日本維新の会」「立憲民主党・共産・社民」の3極が「与党対野党」に分かれる構図がそのままあてはまる。一方で憲法改正を巡っては、「希望・維新」は「自民・公明」と近い。争点ごとに対立構図が異なる複雑な様相も呈している。

この記事は有料記事です。

残り1639文字(全文1796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  4. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです