メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

希望公約「内部留保に課税」 賃上げ効果見通せず

企業の内部留保と人件費

 希望の党が6日発表した衆院選公約には、消費増税の凍結に代わる財源として大企業の内部留保への課税が盛り込まれた。内部留保課税は、これまでもたびたび取りざたされたが、課題が多く導入されていないのが実情。政策として矛盾する点もあり、「大衆受け狙い」との批判も出ている。

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです