メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

安保法は「違憲」 立憲民主公約、民進路線を踏襲

 立憲民主党が7日に発表した衆院選公約は、安倍晋三首相が提唱する憲法9条改正への反対姿勢のほか、「原発ゼロ」と当面の消費増税反対を打ち出し、安倍政権への対決姿勢を鮮明にした。安全保障面では安全保障法制を「違憲」と明記し、多くの民進党前議員が合流した希望の党とも差別化。共闘する共産、社民両党との連携を意識した。ただ、民進の路線を踏襲し、衆院解散権の制約や知る権利などを例示して一定の改憲論議に応じる姿勢も示した。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  2. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  3. PL出身監督対決はセガサミーに軍配 18安打でNTT西降し4強入り 都市対抗

  4. 大阪で新たに262人の感染確認 6日ぶりに300人を下回る 新型コロナ

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです