メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

あす公示 若年層は保守的? 内閣・自民支持多く 9月世論調査

現状維持問題ない/雇用改善評価/野党政策は理想主義的

 衆院選公示を10日に控え、国政選挙では、昨年夏の参院選から選挙権を得た、18歳以上の10代の若者が今回初めて衆院選に臨む。総務省によると、前回参院選で10代は40歳前後の世代と同程度の46・78%が投票し、投票意欲は決して低くはない。各党とも新たな票田として注目しているが、各種の統計や専門家の分析によると、10代から30代までの比較的若い世代で政治意識が保守化していると言われる。全国各地の10代有権者10人にその背景を聞いてみた。【大隈慎吾、水戸健一、野原寛史】

 毎日新聞が9月に2度実施した全国電話世論調査(9月2、3日と同26、27日)によると、全体として2…

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1225文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 春日部駅 高架化の完成目標、国認可12年後 県が説明会 /埼玉
  5. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]