メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

希望の女性擁立19% 公約の「男女同数」遠く

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が掲げる政治分野での「女性活躍」が、擁立段階で難航している。自身が率いた都民ファーストの会の躍進で都議会の女性議員比率は20%から28%に増えたが、希望の第4次までの公認候補で女性は201人中38人(19%)にとどまっている。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです