メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

希望の女性擁立19% 公約の「男女同数」遠く

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が掲げる政治分野での「女性活躍」が、擁立段階で難航している。自身が率いた都民ファーストの会の躍進で都議会の女性議員比率は20%から28%に増えたが、希望の第4次までの公認候補で女性は201人中38人(19%)にとどまっている。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです