メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選公示

小選挙区は与野党乱戦の様相

衆院選が公示され、候補者らの訴えを聞く有権者ら=仙台市青葉区で2017年10月10日午前9時21分、小川昌宏撮影

 衆院選の全289小選挙区では、「安倍1強」を誇ってきた自民党と、新党の希望の党、立憲民主党を軸とする3極が入り乱れて候補者を擁立した。与党と希望・日本維新の会両党が直接対決する選挙区が最も多いが、野党共闘が進んだ昨年の参院選からは一転、野党が競合して与野党の完全な「1対1」に持ち込めなかった選挙区が目立ち、結果の読みにくい乱戦模様となっている。【村尾哲】

 小選挙区での3極を(1)自民、公明の候補(2)希望、維新の候補、希望に近い無所属候補(3)立憲候補…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです