メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

模擬選挙

立教大で衆院選を前に「My争点」決める

公示日の新聞各紙の夕刊1面を見せながら、学生たちに「My争点」を考えさせる林大介兼任講師

 立教大学新座キャンパス(埼玉県新座市)で11日、主権者教育の一環として衆院選の模擬選挙が行われた。高校に比べて大学では候補者の選び方を考える授業が少ないが、学生たちは新聞やテレビ報道、投票支援ツールなどを参考に「My争点」を決めて1票を投じた。

 全学年の共通科目「シティズンシップを考える」の時間に、1年から4年までの学生約20人を対象に実施した。林大介兼任講師が、公示日の10日付新聞各紙の夕刊1面を白板に張って見出しを読み上げ、続いて各政党の党首の第一声を報じたテレビニュースを見せた。学生たちはグループに分かれて関心のある政策課題について話し合い、考えを整理するワークシートに消費税や憲法9条、教育、北朝鮮問題などと「My争点」を書き入れていった。

 講義では、オープン前の毎日新聞ボートマッチ「えらぼーと」が紹介され、学生たちは自分のスマートフォンで昨年の参院選のえらぼーとを体験した。数年前は教室に1人1台パソコンを用意しないと回答体験ができなかったが、スマホの普及で手軽に試せるようになった。各党の公約比較表を掲載しているサイトも紹介された。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 新型コロナ 自宅療養中21人死亡 12月以降10都府県

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです