メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二階氏

「これからが勝負」与党優勢報道に緊急通達で戒め

 自民党の二階俊博幹事長は12日、報道各社の衆院選序盤の情勢調査で与党優勢と報じられたことを受け、「あたかもわが党が優勢であるかのような報道がされているが、一瞬たりとも楽観を許さない極めて厳しいものであることを肝に銘じてほしい」とする緊急通達を全候補者に送った。

     通達は「これからが本当の勝負」と強調したうえで「実際に各選挙区を分析すると、報道とは逆に情勢の悪化を招いている候補がおり、憂慮すべき事態」と指摘。「報道を受けて、わが党が即座に劣勢に陥ることは火を見るより明らかだ」と戒めた。

     自民党は政権に復帰した2012年衆院選以降、13年参院選、14年衆院選、16年参院選といずれも勝利している。通達はとりわけ、当選回数の少ない若手候補らが、報道で緩むことを懸念したためとみられる。【水脇友輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 政府 年金開始、70歳超も選択肢
    2. 漆黒を照らす /52 北朝鮮の人々に冷たい日本 独裁政権と民衆は別 /大阪
    3. 統一会派 民進と希望、分裂は必至 衆院・岡田氏ら反対
    4. ORICON NEWS 米国移住のピース・綾部に仕事続々 今度はハワイでサッカー大会アンバサダー就任
    5. 座間事件 当初、集団自殺疑う声 女子高生2人不明

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]