メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

子育て世代は「政党より人」

「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」が主催した「保活」イベント=東京都千代田区の衆院議員会館で2017年10月4日、中村かさね撮影

 「保守とリベラルのイデオロギー論争は、もうたくさん」。新党が入り乱れる混沌(こんとん)とした選挙戦だが、子育て世代の有権者は候補者が訴える政策の中身を見極めようとしている。待機児童問題に取り組むある市民グループを追った。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

無償化より待機児童解消を

 「もう、だまされません」

 東京都武蔵野市の会社員、中井いずみさん(41)は記者に言った。3歳の次男は認可保育所に3年連続で落…

この記事は有料記事です。

残り2336文字(全文2542文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです