メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳選挙権

ぼくらが政党をつくったら

グループで議論しながら、自分たちの政党の主張を練っていく大学生ら=東京都文京区のアカデミー千石で2017年10月15日、中村美奈子撮影

 10代の有権者が迎える初めての総選挙が1週間後に迫った。日本では被選挙権は10代に引き下げられていないが、18歳、19歳の若者たちが政党をつくったら、どういう主張をするのだろうか。高校の授業とNPO主催のイベントを取材した。

【中村美奈子/統合デジタル取材センター】

高校生が独身税の導入提案

 東京都板橋区の都立高島高校で13日、「ぼくらの政党をつくろう。」と題した「政治・経済」の授業が行われた。3年生24人が班ごとに自分たちの政党を6党つくり、党名やキャッチフレーズ、政策の具体的な内容を考え、演説した。

 生徒たちは用意されたワークシートから、政党として重視する政策分野を選び、公約を考えて発表した。発表…

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです