メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳選挙権

ぼくらが政党をつくったら

グループで議論しながら、自分たちの政党の主張を練っていく大学生ら=東京都文京区のアカデミー千石で2017年10月15日、中村美奈子撮影

 10代の有権者が迎える初めての総選挙が1週間後に迫った。日本では被選挙権は10代に引き下げられていないが、18歳、19歳の若者たちが政党をつくったら、どういう主張をするのだろうか。高校の授業とNPO主催のイベントを取材した。

【中村美奈子/統合デジタル取材センター】

高校生が独身税の導入提案

 東京都板橋区の都立高島高校で13日、「ぼくらの政党をつくろう。」と題した「政治・経済」の授業が行われた。3年生24人が班ごとに自分たちの政党を6党つくり、党名やキャッチフレーズ、政策の具体的な内容を考え、演説した。

 生徒たちは用意されたワークシートから、政党として重視する政策分野を選び、公約を考えて発表した。発表後は全員が付箋を投票用紙にして1票を黒板に張り、第1党を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. センバツ21世紀枠候補 富山北部・水橋 ユニホーム別でも…連合チーム、思いは一つ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです