メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「女性活躍」の現場から

2017衆院選/4止 進まぬ政治への共同参画

待機児童や家事・育児負担など女性が抱える問題について「パリテ・カフェ」で活発に議論する三浦まり・上智大教授(中央)や参加者ら=東京都千代田区で7日

 男女均等の比率での候補擁立を目指すよう政党に努力義務を課す「政治分野における男女共同参画推進法案」が今回の衆院解散で廃案となった。「無念だ」「許せない」「あと一歩なのに」。東京都内で開かれた緊急集会では怒りや落胆の声が次々に上がった。女性の政治参加は進むだろうか。

この記事は有料記事です。

残り2437文字(全文2570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです