メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツイッター

#総選挙に役立つ本 出版社員が火付け役

「#総選挙に役立つ本」のハッシュタグを付けてツイッター上で紹介された本を集めた特設コーナー=福岡市中央区のリブロ福岡天神店で

ハッシュタグ 他社本紹介 一般読者もつぶやき

 22日投開票の衆院選を前に、ツイッター上で「#総選挙に役立つ本」というハッシュタグ(検索の目印)を付け、政策や政治を考える際におすすめの本を紹介する動きが広がっている。一人の出版社員のつぶやきをきっかけに、社の垣根を越えて参考になる書籍の提案が相次ぎ、書店にはそれらの本を集めたコーナーも生まれた。

 最初にハッシュタグを付けて投稿したのは平凡社(東京)の清田(せいだ)康晃さん(33)。衆院解散の動きが報じられた9月中旬、ある書店員と「選挙が近づく時、どんな本がおすすめできるか」という話になり、20日夜、社の公式アカウント「平凡社ライブラリー」から、同社で出版されている政治学者、丸山真男(1996年死去)の著書を紹介した。ただ、当初は反応が薄かった。

 その後、解散を経て野党が分裂すると、清田さんは「状況が分かりにくく、投票率低下にもつながりかねない」と危機感を抱いた。そこで10月4日、丸山が日本人の思想や政治への考察をつづった岩波書店(東京)が出す岩波新書の代表作「日本の思想」を紹介し、タグの活用を願って「版元の垣根を越えて…盛り上げていきたい」ともつぶやいた。

 これに岩波書店や講談社など同業他社が応えた。新刊PR用の公式アカウントから、自社他社を問わず役立つ本をすすめる動きに発展し、一般の読書家もおすすめ本をつぶやくようになったのだ。

 筑摩書房(東京)の河内卓さん(34)は、選挙を基礎から学べる同社発行の新書のほか、今年芥川賞候補にもなった日本在住の台湾籍作家、温又柔(ゆうじゅう)さんが白水社から出版したエッセー「台湾生まれ 日本語育ち」を取り上げた。日本での選挙権がない温さんの参政権への思いを記しており、河内さんは「1票を投じる重みを考える上で良い本だと思った。社を超えて本が人の役に立つのはうれしい」と語る。

 ツイッターの動きを知った街の書店には特設コーナーも登場した。福岡市中央区のリブロ福岡天神店は、公示日の10日から「今こそ読みたい! #総選挙に役立つ本」と銘打ったフェアで、ツイートに上がった中から約70冊を並べている。土屋佳裕店長(44)は「投票を前に、参考になる本を見つけてほしい」と言う。

 最初に投稿した清田さんは「政治の動きが混乱したことも重なり、他社や読者にも広がった。新刊に偏りがちな中、既刊の良書をタイミング良く紹介できたと思う」と話している。【青木絵美】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  2. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  3. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 堺・弟殺害 父の搬送時、一緒にいた母親も昏睡状態

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです