メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かく戦う

衆院選2017 改めて「草の根」から 立憲民主・枝野幸男代表

=西本勝撮影

 永田町の合従連衡で政権を取ろうとは思わない。「選挙後は野党」ということは明確にしている。できるだけ野党第1党に近付け、政治に影響力を持つ。立憲民主党が大きくなって政権の選択肢になる。筋を通して、この次の総選挙では政権を目指したい。

 安倍政権に対する不安や不満はたくさんある。そんななか、「選択肢がない」「声を受け止めてくれる政党がない」という世論に背中を押されて立憲民主党は立ち上がった。党を草の根民主主義の象徴にしていかなければならない。旧民主党は、それを体現する政党を目指してスタートし…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです