メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かく戦う

衆院選2017 改めて「草の根」から 立憲民主・枝野幸男代表

=西本勝撮影

 永田町の合従連衡で政権を取ろうとは思わない。「選挙後は野党」ということは明確にしている。できるだけ野党第1党に近付け、政治に影響力を持つ。立憲民主党が大きくなって政権の選択肢になる。筋を通して、この次の総選挙では政権を目指したい。

 安倍政権に対する不安や不満はたくさんある。そんななか、「選択肢がない」「声を受け止めてくれる政党がない」という世論に背中を押されて立憲民主党は立ち上がった。党を草の根民主主義の象徴にしていかなければならない。旧民主党は、それを体現する政党を目指してスタートし…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです