メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

対談 井上寿一・学習院大学長×山口二郎・法政大教授 衆院選の歴史的位置を問う

政党政治史における今回の衆院選の位置を対談する法政大の山口二郎教授(左)と学習院大の井上寿一学長=東京都千代田区で2017年10月5日、宮間俊樹撮影

 衆院選の投開票日が22日に迫った。今回の選挙は、憲政史上初の討論抜きでの国会開会冒頭の解散に加えて、選挙直前の野党再編など、特異な事態といえる。現状は、日本の政党政治の歴史のなかで、どんな位置にあるのか。戦前の政党政治に詳しい井上寿一・学習院大学長と、1990年代以来、政治改革を主張してきた山口二郎・法政大教授に語り合ってもらった。【構成・鈴木英生、撮影・宮間俊樹】

この記事は有料記事です。

残り3028文字(全文3213文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]