メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

争点・衆院選2017

/5(その1) 若者流出に窮余の策

 冬の「かまくら」で知られる秋田県南部の横手市では、市内に八つある消防団で分団の統合を検討している。火災時に小型ポンプ車を動かすには5、6人の人手が必要だが、団員数の減少が続き、一部の地域で2、3人しか確保できなくなったためだ。十文字消防団の細川祐一団長(64)は「若い人が入ってこない。将来どうなるか、みんな不安を感じている」と語る。

 秋田県は人口減少の「先進地」だ。減少率は1999年以降、東日本大震災の影響があった2011、12年…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです