メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

争点・衆院選2017

/5(その1) 若者流出に窮余の策

 冬の「かまくら」で知られる秋田県南部の横手市では、市内に八つある消防団で分団の統合を検討している。火災時に小型ポンプ車を動かすには5、6人の人手が必要だが、団員数の減少が続き、一部の地域で2、3人しか確保できなくなったためだ。十文字消防団の細川祐一団長(64)は「若い人が入ってこない。将来どうなるか、みんな不安を感じている」と語る。

 秋田県は人口減少の「先進地」だ。減少率は1999年以降、東日本大震災の影響があった2011、12年…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです