メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

争点・衆院選2017

/5(その2止) 色あせた「地方創生」 大都市と広がる溝 政権内の位置づけ低下

衆院選3極の地方政策公約

 

 東京一極集中に危機感を募らせた全国知事会で、東京23区の大学定員抑制を求める議論が始まったのは昨年秋だった。関係者は「国が『地方創生』を進めても若者の流出が続き、何らかの方策を提案する必要があった。『工業等制限法』に着眼点を得た」と明かす。

 高度成長真っただ中の1959年に成立した同法は、首都圏と近畿圏に工場や大学の新設を原則禁止する区域を設け、多くの大学がキャンパスを郊外に構えた。規制緩和を進めた小泉政権が2002年に同法を廃止して以降、大学の都心回帰が強まった。

 知事会は今年6~9月、定員抑制を求める決議や声明を立て続けに出した。地方創生の成果が乏しい国側がこ…

この記事は有料記事です。

残り1953文字(全文2241文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです