メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かく戦う

衆院選2017 比例で議席増達成を 共産・志位和夫委員長

記者の質問に答える共産党の志位和夫委員長=東京都新宿区で2017年10月14日午後2時55分、藤井達也撮影

 共産、立憲民主、社民の3党は全国249選挙区で候補者を一本化できた。濃淡はあるが、かなりの選挙区で自民、公明両党を追い詰める戦いに持ち込めている。

 希望の党の小池百合子代表は自民党との違いを答えられないほどだ。自公両党の補完勢力という正体が明らかになった。小池氏は選挙後の自民党との連携も明確に否定しておらず、今の政治を変える力にはならない。選挙戦が進めば進むほど、対決構図は3極ではなく、「自公両党とその補完勢力」対「市民と野党の共闘」の2極になってきた。

 今回の選挙は「さよなら安倍政治」が焦点だ。共産党は自民党政治への対案があることも訴えている。消費税…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文687文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです