メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かく戦う

衆院選2017 比例で議席増達成を 共産・志位和夫委員長

記者の質問に答える共産党の志位和夫委員長=東京都新宿区で2017年10月14日午後2時55分、藤井達也撮影

 共産、立憲民主、社民の3党は全国249選挙区で候補者を一本化できた。濃淡はあるが、かなりの選挙区で自民、公明両党を追い詰める戦いに持ち込めている。

 希望の党の小池百合子代表は自民党との違いを答えられないほどだ。自公両党の補完勢力という正体が明らかになった。小池氏は選挙後の自民党との連携も明確に否定しておらず、今の政治を変える力にはならない。選挙戦が進めば進むほど、対決構図は3極ではなく、「自公両党とその補完勢力」対「市民と野党の共闘」の2極になってきた。

 今回の選挙は「さよなら安倍政治」が焦点だ。共産党は自民党政治への対案があることも訴えている。消費税…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文687文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです