メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

ミサイル、有権者の思い交錯 「暴挙止めて」「警報慣れた」 上空通過の北海道

弾道ミサイル発射を想定した訓練で、大きなサイレンが鳴る中、頭を押さえる住民=北海道滝川市で2017年9月1日午前、梅村直承撮影

 衆院解散前の8月29日と9月15日、北朝鮮が発射した弾道ミサイルが北海道上空を2回にわたり通過した。野党共闘を前に苦戦する陣営も少なくない自民党候補が「北朝鮮への圧力強化を」と繰り返せば、勢いづく立憲民主党や無所属候補は「圧力だけでなく同時に対話も」と訴える。全国瞬時警報システム(Jアラート)による緊急速報が鳴り響いた記憶も鮮明な道内の有権者たち。その受け止め方はさまざまだ。【藤渕志保、新井敦】

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです