メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

LGBT公約、本気度は 各党も無視できず

LGBT関連の映画イベントを企画している儀間さん。LGBT施策も投票の判断材料にするつもりだ=長崎市で2017年9月29日午後7時10分、遠山和宏撮影

 今回の衆院選では、大半の政党が性的少数者(LGBTなど)に関連した施策を公約に掲げている。性的少数者の比率は日本人の8%とも言われる。LGBTという言葉が急速に浸透し、当事者も声を上げるようになる中、各党も無視できなくなった。

 公示日の10日。希望の党の小池百合子代表は動画配信サイト「ニコニコ動画」で午前0時に配信された約6分間の「ネット第一声」で「障害がある方もLGBTの方もみんな輝く日本にしていきましょう」と呼びかけた。

 「LGBTが公約に掲げられるなんて想像できなかった」。長崎市に住む儀間由里香さん(28)は驚く。

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1644文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 吉川市 市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです