メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

争点・衆院選2017

/6止(その1) 国策でねじれる民意

 Jパワー(電源開発)が大間原発を建設中の青森県大間町で今年1月、16年ぶりの町長選が行われた。「原発との共存共栄」を掲げた金沢満春町長が4選され、容認の次点候補と合わせた得票率は9割を超えた。建設工事が始まった2008年以降、初めて「民意が示された」(金沢氏)。

 対岸の北海道函館市では大間原発の建設差し止め訴訟を起こした工藤寿樹市長が15年4月に大差で再選された。今年度から「ふるさと納税」で訴訟費用を募り、半年間で全国から827件、2167万円が寄せられた。自由記載欄には「中央の圧力に負けず頑張ってください」など賛同や激励の言葉が並ぶ。

 函館市から大間原発まで最短23キロ。立地自治体ではなく、原発建設に関する同意手続きの対象外だが、工…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文952文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです