メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

争点・衆院選2017

/6止(その2止) 「原発ゼロ」見えぬ本気度 自民は「推進」回帰 再生エネ導入の障害に

 

 地元で建設への賛否が分かれる大間原発(青森県大間町)は世界初の商業用「フルMOX原発」だ。

 原発の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムとウランを混ぜて作られるのがMOX燃料。それを普通の原発で使うプルサーマル発電と、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で使う方法が政府の進める核燃料サイクル政策の2本柱だったが、もんじゅは廃炉が決まった。プルサーマル発電の中でも全ての炉心でMOX燃料を使うフルMOX原発に政府がかける期待は大きい。

 政府が核燃サイクルをあきらめれば、使用済み核燃料から取り出したプルトニウム約47トンが「余剰」とみ…

この記事は有料記事です。

残り1717文字(全文1991文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです