メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外カジノ法が成立 ギャンブル依存症批判の中
衆院選

連合ばらつく支援 組織内候補も3分裂

連合東京の定期大会で、来賓あいさつを終えた小池百合子東京都知事(左)と握手する連合の神津里季生会長=東京都荒川区で2017年10月18日午後1時54分、藤井太郎撮影

 民進党最大の支持組織・連合は衆院選で、希望の党、立憲民主党、無所属でそれぞれ立候補した民進系の候補を個別に支援するという複雑な立場だ。中でも、連合の「身内」である傘下の産業別組織(産別)の組織内候補が3分裂し、足並みの乱れに拍車をかけている。与党優位のまま選挙戦が終盤を迎える中、連合は支援態勢を立て直そうと躍起だ。

 「我々が推薦候補を通じて結び合う勢力の間には、(安倍政権)1強に終止符を打つという共通の目的がある…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文830文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. 練習ミス 罰マラソンで中2男子が熱中症 大津
  3. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  4. 猛暑 教室のTVで終業式 体育館や校庭避ける 愛知
  5. 千葉地裁 ディズニーリゾートでパワハラか 契約社員提訴

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]