メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

各党 選挙公約(その1)

 衆院選は22日に投開票される。安倍晋三首相は、2019年に消費税率を10%に引き上げる際の増収分の使途変更と緊迫する北朝鮮問題への対応が争点だと主張している。これに対し野党は「消費増税凍結・反対」や「原発ゼロ」などを対立軸に、安倍政権継続の是非を訴える。選挙後の議席構成によっては憲法改正の手続きが進む可能性もあり、これも大きな争点だ。候補者を擁立している8政党の公約・政策集などに盛り込まれた主な政策を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り4793文字(全文5001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです