メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票に込めて

衆院選2017/5止 「何か変」思うことから 作家・平野啓一郎さん

平野啓一郎さん(42)

 作家デビュー後、しばらくは自分の政治的立場を整理できず、政治的な発言を控えてきました。それがツイッターなどのSNS(会員制交流サイト)上で社会問題を語る中、自然に政治についてつぶやくようになりました。意見の違う人の指摘に、「なるほど」と思うこともあります。

 今の日本は、国際競争の中で人間を労働力としてしか見ず、社会が個性ある個人の活動を支援する状況になっていない。復古的な家族主義が叫ばれ、福祉を家族に押しつけるような考えが説かれる一方、排外主義的な風潮が強くなっています。

 若者に現政権への支持が多い理由は、それなりに今の生活が安定しているからでしょう。かつての民主党政権…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです