メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

「森友・加計」論戦空回り 首相、街頭では触れず

加計学園が工事を進める岡山理科大獣医学部キャンパス=愛媛県今治市で9月、松倉展人撮影

 今回の衆院選では、学校法人「森友学園」「加計学園」の問題を巡って、安倍晋三首相の政治姿勢が問われている。しかし、首相は街頭演説で「潔白」を訴えることをせず、野党の土俵に乗らない戦術を徹底。結果的に論戦は空回り気味だ。自民党は中盤まで堅調を維持しており、「モリ・カケ」はこのまま幕引きになってしまうのか。【光田宗義、円谷美晶】

 首相は公示前の8日、日本記者クラブ主催の討論会で、加計問題について「これまで予算委員会や閉会中審査で丁寧に説明を重ねてきた。前川(喜平前文部科学事務次官)さんを含めて、私が関与したと言った人は一人もいないことが明らかになっている」と強調した。森友学園との関係も「籠池(泰典前理事長)さんはお友達ではない。一回もお目にかかったことはない」と明確に否定した。

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  3. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです