メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

経済政策を問う 育児期就業に高い壁 21世紀職業財団会長・岩田喜美枝氏

岩田喜美枝氏=太田康男撮影

岩田喜美枝(いわた・きみえ)氏

 安倍政権下で、女性活躍が進んだが十分ではない点もある。評価できるのは女性活躍を成長戦略と位置づけたこと。女性活躍は従来、職場での人権や労働力人口の観点で語られ、大きな経営課題にはならなかった。女性が活躍すれば企業が成長できるだけでなく、日本経済全体の再興にもつながるとした切り口は、経営者に理解され、特に大企業の経営者の意識が変わった。

 ただ、仕事の継続とキャリアアップという二つの課題が残る。いずれも日本は他の先進国より遅れており、先…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです