メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

利用進む期日前投票 公示後5日で前回の1.5倍

 22日に投開票される衆院選で、全投票に占める期日前投票の利用が増えている。公示後5日間の期日前投票者数は410万7108人で前回(2014年)の同期間の1.52倍に達した。期日前投票所として店舗のスペースを提供したり、期日前投票のための半日休暇制度をつくったりと、企業も活用を後押ししている。

 人材コンサルティングサービスのサイエスト(東京都港区)は投開票日が22日になったことで急きょ、社内規則に投票休暇を新設した。全社員を対象とした海外研修が19日から4日間の日程で予定されていたため、期日前投票を活用するしか投票の機会を確保できなかったためだ。通常の出社は午前10時までだが、期日前投票に行く社員の出社は正午まで猶予することにした。

 同社の担当者によると、社員の3割が保育園などに子供を預けて働く女性で、退社後は期日前投票所に立ち寄…

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです