メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

投票率、2番目の低さ

 毎日新聞の調べでは、第48回衆院選の投票率は53・70%(小選挙区)で、戦後2番目に低い水準になる見通しだ。序盤から与党優位が伝えられたため有権者の関心が高まらず、投票日の22日が台風で荒天になったことも影響した。

 一方、小選挙区の期日前投票は前回から6割増で過去最多を更新。全有権者(9日現在)の20・1%と投票率全体を押し上げたため、戦後最低だった前回2014年の52・66%は上回る見込みだ。

 今回は、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初の衆院選。投票率の伸び悩みは、野党が分裂して「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです