メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

敵失、安倍1強続く 改憲論議、活発化 首相「謙虚に結果出す」

笑顔で岸田文雄・自民党政調会長(中央右)の名前に花をつける安倍晋三首相(同左)=東京都千代田区で22日午後9時56分、小川昌宏撮影

 22日投開票された衆院選で自民党が勝利し、安倍晋三首相は2021年までの長期政権を視野に続投する。自民、公明の与党で憲法改正の発議に必要な3分の2の議席を維持した。希望の党、日本維新の会を加えた改憲勢力で3分の2を大きく上回り、首相の掲げる改正憲法の20年施行へ向け改憲論議が活発化しそうだ。自民党は来年の通常国会での改正案発議を目指す構えだが、躍進した立憲民主党が抵抗するのは必至だ。慎重な議論を求める公明党は難しい対応を迫られる。

 「今後も謙虚に誠実に結果を出していくことに全力を尽くしていきたい」

この記事は有料記事です。

残り3507文字(全文3759文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです