メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

「魔の2期生」3選82人 敵失の風吹く

「安倍チルドレン」は優等生? 「小泉」「小沢」チルドレンと比較

 自民党が政権復帰した2012年衆院選の初当選組は「安倍チルドレン」として一大勢力を築く一方、不祥事の多さから党内で「魔の2期生」とやゆされた。一部は批判を浴びて離党したり、今回の衆院選で出馬を断念したりしたが、それでも公認された97人のうち小選挙区で59人、比例代表で23人の計82人が3選を果たした。14年の初当選組も14人中12人(いずれも23日正午現在)が再選された。

 12、14両年の衆院選は安倍政権への追い風で勝ち、自民党幹部からは「選挙の地力がない」と心配されたが、今度は野党の「敵失」に助けられた形だ。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです