メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

改憲発議、野党と共闘 首相、全閣僚再任へ調整

記者会見に臨む安倍晋三首相(中央)=東京都千代田区で2017年10月22日午後9時37分、小川昌宏撮影

 安倍晋三首相は、衆院選で政権継続が確実になったことを受け、現在の閣僚を基本的に再任する調整に入った。首相指名選挙を行う特別国会を11月1日に召集し、同日中に第4次安倍内閣を発足させる見通しだ。首相は22日夜、テレビやラジオ各局の番組に出演し、来年の通常国会を目指している憲法改正の発議について「与党だけで発議しようとは考えていない。希望の党をはじめ他党とも話し、より多くの賛同をいただきたい」と語り、野党を巻き込んで発議を目指す考えを示した。

 選挙結果について、首相は「安定した政治基盤の下に政治を前に進め、結果を出せという声だった」と総括した。森友・加計学園問題については「誰も私が関与していると述べた方はいない」と強調する一方、「求められれば誠意を持って、丁寧に説明していきたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです