メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

「小池ファーストなだけ」 都民フ支持者そっぽ

報道陣の取材に応える希望の党の小池百合子代表=パリで2017年10月22日、賀有勇撮影

 東京都の小池百合子知事が代表を務める希望の党に、なぜ1票を託せなかったのか。7月の都議選で小池氏が率いた地域政党「都民ファーストの会」に投票し自民を大敗させながら、今回は希望に入れなかった都内の10人に尋ねると、「反自民」の受け皿を別に求めたり、安定を求め自民を選択したりした有権者たちの姿が浮かんだ。

 「都知事は踏み台で、狙いは国政だったのか」。文京区の男性会社員(51)は新党結成後の小池氏の発言に憤る。「(公認候補を選別する際に使った)『排除』という言葉は(安倍晋三首相が都議選の街頭演説で発した)『こんな人たち』とイコール。あまりにもおごっている」と言い、今回は「安倍政権が長続きするのは不気味だ」と立憲に投じた。

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです