メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

ぶれない逢坂誠二氏「国政の場でがっちり暴れる」

当選確実の報道を受け、選対幹部らとジュースなどで乾杯する逢坂誠二氏(中央)=北海道函館市の事務所で2017年10月22日午後8時35分

北海道8区

 北海道8区(函館市など)は、民進から希望への合流方針に疑問の声を上げ、いち早く無所属で選挙戦に臨むと表明した前職、逢坂誠二氏(58)が自民前職に大差をつけ、4選を確実にした。

 「民主主義と立憲政治を取り戻そう」。選挙戦でそう訴え、安倍政権を厳しく批判した逢坂氏。当選確実の報に笑顔を見せつつも、「自民勝利の一方で立憲が予想以上の議席。その意味では安倍政権批判の声は少なくない。そういう声を踏まえ、国政の場でがっちり暴れたい」と気を引き締めていた。

 民進の立候補予定者全員が、希望から出馬するという党の方針が伝えられた翌日の9月29日、逢坂氏は地元…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文595文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです